アーティストになるために試行錯誤すること

>

ボイストレーニング

子供は楽しみながら身についたことの吸収力がすごいです。
そもそも歌手になりたいと思っているということは歌を歌うのが好きだということです。その歌を更に上手に歌うために必要なのはボイストレーニングです。
子供の頃と大人になってからでは声も変わるので小さい頃から習わせる必要があるのかという疑問はあります。
しかし大人になってから習うと、先生の言ってることは理解できてもなかなか実践が難しいです。純粋に好きというときにしかも大人に教えるよりはるかに楽しさを優先させた教室に通えればそれが身につき、大人になってから習わなくても喉の使い方や声の出し方の基礎などを身につけることができるので早くてもいいかもしれません。
そうすることで自信にもつながり、より歌を楽しむことができるような気がします。

身につける楽器

楽器、とひと言で言っても様々な物があります。子供の頃の習い事の代表はピアノです。小さい頃から発表会など人前で披露していると度胸もつきますし、ピアノが弾けるとその後、小学生、中学生とクラス会などでもピアノを任されたりするので、特別感を味わえたりします。
そして歌手が基本できていて当たり前なのがギターです。
作曲をする時や弾き語りなどもできたら楽器演奏で指を使いながら歌を歌う、歌詞を読むことで脳もフル回転するのではないでしょうか。
楽器をやることでリズム感が身についたり、楽譜やギターのコードなどが読めたりすると全体の流れなども分かるので音楽との一体感も出て、すごく楽しめると思いますので身につけたいところです。


基礎となるものはなにか

この記事をシェアする